出産内祝いって何?

日本には、赤ちゃんが生まれた時に行う様々な慣習があります。
核家族化が進んで、行われなくなったものも多いですが、現在でも略式ながらも続けられているものもあります。
その1つが出産内祝いです。

出産内祝いは、古くから行われている我が国の慣習の1つで、家に赤ちゃんが生まれた喜び、幸福を、親戚の人や友人などの周りの人におすそ分けをするという目的があります。
元々は、貴族や武士、権力者の間で行われていましたが、それが広く民衆にも広まったようです。
それだけ、子宝に恵まれるということは、昔から重要なことで、且つ、めでたいことなのです。

現代では、核家族化が進んで、あまり盛大に出産内祝いを行う家は少なくなってきましたが、赤ちゃんが生まれて、約1ヶ月が過ぎて、お宮参りが済んだら、宴席を設けて、お世話になった方たちを招き、赤ちゃんをお披露目するのが一般的な出産内祝いです。
しかし、近年では実家を離れている人も多いので、宴席は設けず、出産祝いを頂いた人にお祝い返しだけを行うというふうに変化してきています。

このように、出産内祝いは変化してきていますが、変化しつつも、きちんと受け継がれてきた慣習です。
必要ないと思っても、出産祝いを貰ったら、お返しをしない訳にはいきませんので、きちんとマナーを踏まえて、親として恥ずかしくないように振舞いましょう。
当サイトは、出産内祝いの基礎知識について説明しています。
始めての赤ちゃんのお母さんやお父さんは、是非、参考にしてください。



[Recommend Site]
出産内祝いで食べ物を贈る場合に参考になる高級米のギフトセットです → 出産内祝い 高級米

Copyright © 2014 出産内祝いの知識 All Rights Reserved.